市街地ノンポイント対策に関する手引き(案)

平成 20年 3月
財団法人 下水道新技術推進機構

まえがき

1. 総 則

1. 非点源汚濁源(ノンポイントソース)とは
2. 目 的
3. 適用範囲
4. 本書の構成
5. 用語の定義
6. 対策計画の検討フロー

2. ノンポイント負荷削減目標の設定

1. ノンポイント対策の位置付けの整理
2. 対策実施ブロックの優先順位の検討

3. ノンポイント対策手法の選定

1. 資料の収集整理
2. 対策地区の選定および対策手法の抽出

1. 対策地区の選定
2. 対策の考え方
3. 対策手法の抽出

3. ノンポイント負荷の実態調査

1. 実態調査の目的
2. 実態調査箇所の設定
3. 水質項目の設定
4. 雨水の観測
5. 降雨観測
6. 実態調査結果の整理・分析

4. 流出負荷量の予測

1. 流出負荷量の予測手法
2. 数値解析モデルによる流出負荷量の予測
3. 回帰式による流出負荷量の予測

5. ノンポイント対策の実証実験

1. 実証実験の目的
2. 実証実験箇所の選定および実験施設の設計・設置
3. 実証実験施設の運用
4. 実証実験施設の維持管理
5. 実証実験結果の整理・分析

6. 対策効果の予測手法

1. 対策効果の解析手法
2. 数値解析モデルによる対策効果の予測
3. 対策効果の簡易な予測

7. 施設の概略設計および概算事業費算出
8. 対策手法の選定および対策規模の決定

4. 対策施設の設計・維持管理

1. 雨水浸透ます・トレンチノンポイント対策としての新技術の適用(SPIRIT21
2. 水性舗装
3. 路面・雨水ます・管きょの清掃
4. 貯留池
5. 沈殿池
6. ろ過施設
7. 植生浄化
8. 土壌による浄化
9. ノンポイント対策としての新技術の適用(SPIRIT21)

5. ノンポイント対策に係る効果の検証・計画の見直し

1. 対策効果の検証
2. 対策計画の見直し

6. その他の取り組み

◎この手引き(案)・巻末資料についての問合せ先

(財)下水道新技術推進機構 研究第一部 森島・松井
TEL:03-5228-6597

(巻末資料)

巻末資料 A. 湖沼における水環境とノンポイント負荷

A-1. 湖沼における環境基準の達成状況
A-2. 湖沼流入負荷量に占めるノンポイント負荷の割合

巻末資料 B. ノンポイント対策関連制度

B-1. 米国におけるノンポイント対策と関連排出規制制度

巻末資料 C. 市街地ノンポイント負荷量の関連情報

C-1. 既往実態調査および実証実験一覧
C-2. ノンポイント負荷原単位について
C-3. 道路排水負荷の影響について
C-4. 溶存態と懸濁態について
C-5. 修正RRL法+土研モデルによる流出負荷量の予測について
C-6. 雨水浸透施設によるノンポイント負荷削減効果等の知見
C-7. 合流改善対策によるノンポイント負荷削減効果

巻末資料 D. ノンポイント対策の事例

D-1. 汚濁負荷削減対策の整理
D-2. 対策施設の費用関数
D-3. ノンポイント対策施設の費用負担例
D-4. 滋賀県における実施設の汚濁負荷削減効果確認事例
D-5. 滋賀県における計画策定例
D-6. 平成18年度ノンポイント対策アンケート調査結果

^ Go to Top