パンフレット・ダイジェスト

本機構の活動全般や組織、調査研究等の主な成果をご案内するパンフレット「技術の橋わたし」を毎年度作成しています。また、調査研究等のテーマ毎のパンフレットや下水道新技術研究所年報のダイジェスト等も作成し、成果の普及啓発を図っています。

パンフレット

技術の橋わたし(パンフレット)

 2009年 研究報告(パンフレット)

下水道長寿命化計画の策定
~施設の状態診断による予防保全的な管理と計画的な改築の推進~

身近な水辺空間の環境改善
~都市内における水辺空間の保全について~

下水道BCP(地震編)の策定支援
~従来よりも速やかに、かつ高いレベルで下水道機能を維持・回復~

効率的な下水道整備の促進支援業務

下水道浸水被害軽減総合計画の策定

内水ハザードマップの作成

下水道管路施設の設計・維持管理のための水理模型実験

貯留浸透施設による雨水流出抑制計画の策定

分流式下水道における雨天時浸入水対策の立案

処理場・ポンプ場設備ストックマネジメントの具体的な適用技術

下水処理場での複合バイオマス受入れ

地震時の液状化に対応したマンホール浮上防止対策技術

2009年 年報ダイジェスト(パンフレット)

合流式下水道改善対策としての水面制御装置の性能評価研究
⇒年報はこちら

高効率型二軸スクリュープレス脱水機に関する共同研究
⇒年報はこちら

汚泥熱分解燃料化システムに関する研究
⇒年報はこちら

活性汚泥モデルに関する共同研究
⇒年報はこちら

新技術活用型総覧

新世代下水道支援事業制度・機能高度化促進事業[新技術活用型]は、平成4年度に建設省(現国土交通省)に創設された「新技術活用モデル事業」が平成11年度に再編,拡充された事業で、下水道新技術の普及と効率的な事業の執行を図るため、下水道に関わる新技術を先駆的に導入・評価し、その普及に貢献することを目的としています。本総覧は、平成16年7月に発刊したもので、23の地方公共団体とともに共同研究を行った31テーマについて掲載しています。

⇒新技術活用型総覧はこちら

^ Go to Top