下水道技術開発プロジェクト SPIRIT21 English Site


更新履歴


■SPIRIT21(Sewage Project,Integrated and Revolutionary Technology for 21st Century)PDF書類は,下水道事業における種々の課題の中でで特に重点的に技術開発を推進すべき分野について,民間主導による技術開発を誘導・推進するとともに,開発された技術の早期かつ幅広い実用化を目的とした産学官の強力な連携による新たな技術開発プロジェクトであり,平成14年3月にスタートしました。



■SPIRIT21の最初の課題として,国土交通省では,「合流式下水道の改善対策に関わる技術」を選定し,平成14年度〜平成16年度の3年間で集中的に技術を開発しました。
さらに,SPIRIT21の第2の課題として,「バイオマス・ニッポン総合戦略」や地球温暖化対策を下水道事業において推進していくため,下水汚泥を安価に利活用できる新技術の早期かつ幅広い実用化を図り,有効利用の推進に寄与することを目指し,「下水汚泥資源化・先端技術誘導プロジェクト(Lead to Outstanding Technology for Utilization of Sludge Project : LOTUS Project )」を平成15年12月に募集開始し,選定された技術について平成17年度〜平成19年度の3年間で集中的に技術を開発しました。

LOTUS 通信

LOTUS通信 vol.10 PDF書類


下水道機構ホームページ