下水道の機能が高度化し多様な役割を担うには、新しい技術の積極的な開発と実用化をはじめとする各種取り組みを、時代の要請に応えながら円滑に進めていくことが重要です。

本機構は、学界・産業界・官界の知識と経験を結集して、下水道事業における課題を解決するための調査、研究、開発、評価を行い、その成果を普及・啓発し下水道事業への導入を促進等するために設立されました。一昨年、設立20周年を迎え、昨年4月1日には公益財団法人に移行しました。これまでの成果等を活用しながら公益を増進するための幅広い活動を展開し、社会に貢献しています。

ホームページを訪れて一番役に立った内容をお教えください





あなたの業種をお教えください





  • WEB登録のご案内

  • member

  • 会員専用サイト

  • button3

  • button4

  • 出版物のご案内

  • Q&A

  • manual01

新着情報

16.5.16
NEW 『技術サロン』を6月9日に開催します。ゲストは、地方共同法人 日本下水道事業団情報システム室長 富樫 俊文氏、テーマは「日本下水道事業団におけるICT(情報通信技術)の活用について~BIM/CIM,IoTなど~(仮)」で […]
16.5.9
「下水道施設土木躯体の劣化調査先進技術」の公募を開始しました。 公募締め切りは平成28年6月30日(木)です。 詳細はこちらをご覧ください(PDF形式,107kバイト) 応募様式はこちらです(docx形式,20kバイト)
16.3.11
研究第一部では、民間企業との共同研究の公募を開始しました。 募集テーマは、「中小規模の都市を対象にしたストックマネジメント等支援に関する手引き書の検討」です。 詳細は、トップページ下部にある共同研究者募集のページをご確認 […]
16.3.10
48技術に建設技術審査証明書が交付されました。
16.3.8
[訂正]平成28年度建設技術審査証明事業の受付を4月1日(金)より開始します。 受付期間は平成28年4月1日(金)~ 5月2日(月)です。
16.3.3
平成28年度審査証明事業にかかわる実施要領を3月1日付で改訂しました。
16.2.29
資源循環研究部では、民間企業との共同研究の公募を開始しました。 募集テーマは、「汚泥処理関連省エネ補機・技術」、「OD法の省エネ技術」の2件です。 詳細は、トップページ下部にある共同研究者募集のページをご確認ください。
16.2.22
『技術サロン』を3月10日に開催します。ゲストは、国土交通省 水管理・国土保全局 下水道部 下水道事業課企画専門官 本田 康秀 氏、テーマは「下水道の事業執行支援の方策について」です。
16.2.17
下水道BCP図上訓練を平成28年1月21日に開催しました。
16.2.1
2月12日の『技術サロン』のテーマが決定しました!『下水道機構の審査証明事業の紹介と新たな取り組みについて』をテーマに、当機構 技術評価部長兼企画部長 渡邉 聡を講師として開催します!

すべて見る

専用サイト登録者の皆様へのお知らせ

15.10.6
『第61回新技術セミナー』の動画を掲載しました。
15.10.2
『平成27年度技術マニュアル活用講習会』の動画を掲載しました。
15.7.21
津波シミュレーションモデル利活用マニュアル一部改訂を掲載しました。

すべて見る

^ Go to Top