www.jiwet.or.jp
/archives/news/%E4%B8%8B%E6%B0%B4%E9%81%93%E6%96%B0%E6%8A%80%E8%A1%93%E7%A0%94%E7%A9%B6%E5%8A%A9%E6%88%90%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%82%92%E5%89%B5%E8%A8%AD%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82

新着情報

下水道新技術研究助成事業を創設しました。

2022年7月27日
下水道新技術研究助成事業を創設しました。

令和4年7月27日
公益財団法人 日本下水道新技術機構
下水道新技術研究助成事業を創設しました
 公益財団法人日本下水道新技術機構では、環境の保全、浸水被害の防止、資源・エネルギー環境の形成等、下水道に関する幅広い分野での調査・研究を行い、その成果について広く発信し、様々な課題解決のための技術の普及を図っています。
 こうした研究を進めるにあたって、とりわけ先駆的な研究分野においては、研究者の独創性や創意工夫が極めて重要であり、研究者がより高い自由度をもって行える研究の促進が必要と考え、当機構において新たに下水道新技術研究助成事業を実施することといたしました。
 このたび、研究助成事業実施に向けてかねてより内閣府に申請を行っていた公益認定の変更について、内閣府より承認されましたのでお知らせします。
 下水道新技術研究助成事業の概要は以下のとおりです。

<下水道新技術研究助成事業の概要>
○助成対象とする分野 人口減少や施設老朽化など厳しい事業環境の中で下水道事業を持続し、社会により一層貢献するための進化に不可欠な技術に関する調査研究
○応募資格者 助成対象分野に関して研究を行う大学・短期大学・高等専門学校に所属する研究者(個人または団体)
○助成金額及び助成期間 1件につき年間200万円×2年間(総400万円)を限度
○助成件数 年間の新規採択として数件程度
○助成対象費目 研究に関係した経費(申請者本人の人件費を除く)
○募集時期 毎年10月上旬から11月末まで
(令和5年度研究については,令和4年10月~11月を予定)
○応募方法 本機構のHPにて9月以降に案内予定
○交付決定 当機構に設置する選考委員会において選考し、理事会の承認を得て決定、3月頃申請者へ通知
○報告 研究成果を当機構に報告した上で、機構の年報及び機関誌にその概要を公表いただきます。
問い合わせ先:研究第一部(03-5228-6597)阿部、後藤
▲ページ上部へ戻る