www.jiwet.or.jp
/publicity/hashiwatashi/2019-03-04

はしわたし

hashiwatashiWP_Post Object ( [ID] => 29572 [post_author] => 1 [post_date] => 2018-11-05 15:09:28 [post_date_gmt] => 2018-11-05 06:09:28 [post_content] => [post_title] => はしわたし [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => closed [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => hashiwatashi [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2019-01-29 17:08:26 [post_modified_gmt] => 2019-01-29 08:08:26 [post_content_filtered] => [post_parent] => 860 [guid] => https://www.jiwet.or.jp/?page_id=29572 [menu_order] => 9 [post_type] => page [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw )

2019年3月4日のはしわたし

今回のはしわたしは、下水道機構企画部から第67回新技術現場研修会「大規模凍結工法を用いた既設シールドの拡径によるシールドの地中接合と2函体同時沈設による大型ニューマチックケーソン施工」についての投稿です!

2月22日、第67回新技術現場研修会が東京都下水道局様のご協力により、千住関屋ポンプ所建設工事現場で開催しました。
週の始めから雨の予報でしたが、当日は見事に晴れて現場研修会にはもってこいの日和になりました。
参加者に晴れ女か晴れ男か、もしくは両方がいらっしゃったのだと思います。ありがとうございます!

それでは写真で見る「大規模凍結工法を用いた既設シールドの拡径によるシールドの地中接合と2函体同時沈設による大型ニューマチックケーソン施工」をお送りします。


1.集合場所の工事ヤード入口。

2.概要説明の様子。

3.立坑内(ケーソン内)を上から。トロッコとその線路が見えます。

4.ケーソン内の昇降設備。

5.接合部に向かってシールド(仕上がり内径5.5m)の中を進んで行きます。左カーブ。

6.緩やかな左カーブの次は右カーブ。

7.右カーブの後はストレート。

8.行き止まりが見えてきて。

9.シールド接合部に到着!

10.「9.」の反対側から。

11.さらに横から。

12.拡径した箇所の様子。

13.ケーソン内での説明の様子。

14.2つのケーソンの間を上から。2つのケーソンの隙間は2mだそうです。

15.放流渠吐口工事現場。二重締切をしています。堤防だった壁(赤丸)がバッサリ。

16.二重締切部から東側に隅田川を見ると、土砂などを船に載せるための設備が見えます。工事で出た土砂などは隅田川を使って船で搬出しているそうです。

17.二重締切部から隅田川の南西方面を望む。

18.ひょっこり東京スカイツリーも見えていました。

19.見学後の質疑応答の様子。
参加された皆様、お疲れ様でした!
そして、東京都下水道局 第一基幹施設再構築事務所のみなさま。ありがとうございました!

 

<< 一覧に戻る
▲ページ上部へ戻る