www.jiwet.or.jp
/publicity/yuimaru/2018-7-9

ゆいまーる

yuimaru

まる子のゆいまーる2018.7.9

7/1付人事異動により、2名の新職員を迎えましたのでご紹介します。
みなさま、どうぞよろしくお願いします(^^)/
資源循環研究部 副部長 藤本 裕之

7月より資源循環研究部に配属になりました藤本です。3月末まで38年間勤務した日本下水道事業団を退職し、下水道機構に参りました。日本下水道事業団では、下水道の計画、設計、施工管理、技術開発、研修、国際、放射性汚泥管理などの業務に携わり、東京、福島、長野、岡山、大阪、松山、アメリカ(イリノイ州)、タイ(バンコク)などで仕事・生活をしました。
滋賀県生まれです。琵琶湖に流入する野洲川の上流で生まれ、高校は琵琶湖の湖畔、大学の卒論は琵琶湖の水質、と、水環境・下水道人生を送って来ました。下水道機構に勤務することで、更に「下水道界」の下水道人として生き続けることになりました。
「一生懸命、誠実に」をモットーに仕事をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

研究第二部 主任研究員 大内 洋

7月より研究第二部に配属になりました、大内洋と申します。株式会社東京設計事務所より出向して参りました。新人時代に1年半、東京で勤務した後は、17年ほど新潟で勤務していました。今回、単身赴任で2度目の東京勤務となり、久しぶりに電車通勤を味わっています。
前の職場では、汚水管の新設や管更生などの管きょの基本・詳細設計のほか、浸水対策計画の立案、処理場・ポンプ場の耐震診断、耐震補強詳細設計などの業務に携わっていました。
この度、下水道機構にお世話になることとなり、自分としては再スタートのつもりで、新たな職場、立場、業務などの新たな経験にフレッシュな気持ちで臨みたいと思っています。
趣味は車と野球です。せっかく東京に来ましたので、仕事帰りにナイター観戦するなど、余暇も充実させて楽しんでいきたいと思います。
皆様これからどうぞよろしくお願いいたします。

<< 一覧に戻る
▲ページ上部へ戻る