www.jiwet.or.jp
/questionnaire/himon-hikan-2023
名港トリトン(愛知県)
秩父鉄道(埼玉県)
 

樋門・樋管施設に関する自治体アンケート

  1. 樋門・樋管施設に関する自治体アンケート
  2. ■本アンケートは途中で保存することができません。事前に決裁が必要などの場合は本ページを印刷して処理してください。
  3. 以下の入力をお願いします。
    ご回答していただいた方の所属部署名・役職名、お名前、電話番号、メールアドレスをご記入してください。
    ご回答内容について確認のご連絡を差し上げる場合があります。
  4. 必須
  5. 必須
  6. 必須
  7. 必須
  8. 必須
  9. 必須
  10. 必須
  11. はじめに
    日本下水道新技術機構は令和5年6月より、ゲートメーカー等の研究体と「蓄電池等を用いた樋門の電動化・遠隔化技術に関する共同研究」を開始し、下記のようなシステム構築を目指し、適用範囲や要求性能のほか、設計、施工、維持管理等の各段階における具体的な手順や手法、留意点等をとりまとめ、技術資料の作成を進めております。
  12. 【本システムの概要】
    1)ターゲット
    ①扉体面積10㎡未満の小型樋門
    ②商用電源のない現場を想定して電源は蓄電池により確保
    2)電動化・遠隔化について
    樋門の災害重要度に応じて、目的及び電動化・遠隔化の機能・コストが異なる以下プランを検討しています。
    (機能・コスト共に、(低) A<B<C<D<E (高) となります)
  13. 概  要
    Aプラン操作規則に則り、機側で電動開閉を行う。
    BプランAプラン+操作規則に則り、地震・津波等の警報を受信したら管理者端末へ知らせる。管理者が端末で操作し、遠隔で電動開閉を行う。
    CプランBプラン+外水位の上昇・逆流が検知されたら、管理者端末へ知らせる。管理者が端末で操作し、遠隔で電動開閉を行う。
    DプランCプラン+異物により完全に閉めることができない場合は、連続往復開閉(フラッシング)動作により異物を除去する。
    EプランDプラン+平水時に画像解析により異物検知し、連続往復開閉(フラッシング)動作等で異物を除去し、高潮等の異常時に確実に閉操作できるように備える。
  14. Q1. 自治体管理の樋門の有無を教えてください。※必須

  15. ※Q1の回答がなしの自治体は以上でアンケートは終了です。
    お忙しい中ご協力いただき、ありがとうございました。
  16. Q2.ご回答をいただく樋門の管理部門を教えてください。(複数回答可)



  17. ※Q3の回答において、下水道事業(部局)で管理する小型樋門を保有している自治体のみ、 Q5以降もご回答ください。
    それ以外の自治体は、ここでアンケートは終了です。 お忙しい中ご協力いただき、ありがとうございました。
  18. 管理されている小型樋門のうち、電動化されたものがある場合はQ9、ない場合はQ12に進んでください。
  19. Q13.小型樋門における点検等で巡回されている頻度について教えてください。



  20. Q14.点検で確認された不具合について教えてください。(複数回答可)




  21. Q14で、機械設備、電気設備の一方または両方の不具合を確認された場合は、Q15、それ以外の方はQ16に進んでください。
  22. Q15.Q14で回答された機械設備、電気設備の不具合について教えてください。(複数回答可)






  23. Q16.小型樋門(扉体面積10㎡未満)について、お困りのことがあればお聞かせください。(複数回答可)










  24. Q17.冒頭で示した本システムが実用化された場合、貴自治体における検討についてお聞きします。 4)興味が無いの場合は、ここでアンケートは終了です。 お忙しい中ご協力いただき、ありがとうございました。




  25. Q18.貴自治体にて本システムの導入を検討された場合を想定してお聞きします。 以下に示した目的及び概要(電動化・遠隔化の機能)のうち、ご要望に最も近いものはどれでしょうか。
    (機能・コスト共に、 (低) A<B<C<D<E (高) となります)




  26. 概  要
    Aプラン操作規則に則り、機側で電動開閉を行う。
    BプランAプラン+操作規則に則り、地震・津波等の警報を受信したら管理者端末へ知らせる。管理者が端末で操作し、遠隔で電動開閉を行う。
    CプランBプラン+外水位の上昇・逆流が検知されたら、管理者端末へ知らせる。管理者が端末で操作し、遠隔で電動開閉を行う。
    DプランCプラン+異物により完全に閉めることができない場合は、連続往復開閉(フラッシング)動作により異物を除去する。
    EプランDプラン+平水時に画像解析により異物検知し、連続往復開閉(フラッシング)動作等で異物を除去し、高潮等の異常時に確実に閉操作できるように備える。
  27. 以上で、質問は終わりです。ご協力ありがとうございました。
  28. 提出前にご回答内容を再度確認の上、下の「送信」ボタンをクリックして回答してください。
    クリックを押した後は回答の修正や回答内容の確認方法がございませんので、ご回答内容を保存されたい場合は、「送信」をクリックする前に本画面を印刷してください。
  29. ■本アンケートは途中で保存することができません。事前に決裁が必要などの場合は本ページを印刷して処理してください。
 

ページトップへ