www.jiwet.or.jp
/questionnaire/jisedaifuta
名港トリトン(愛知県)
秩父鉄道(埼玉県)
 

「マンホール蓋の性能向上」「マンホール蓋に関する業務負荷」についてのアンケート

  1. マンホール蓋の性能及び設計・改築業務に係るアンケート調査
  2. ■本アンケートは途中で保存することができません。事前に決裁が必要などの場合は本ページを印刷して処理してください。
  3. 1.実施目的
     自治体における現状の技術マニュアルの活用状況やマンホール蓋に求める性能、さらにはマンホール蓋の設計・改築業務の実態等について把握。
  4. 2.アンケートの観点
    ・2007年発刊の技術マニュアルの活用状況の把握
    ・マンホール蓋に要求される性能の把握
    ・マンホール蓋の改築状況の把握
    ・マンホール蓋に係る業務負荷の実態把握
  5. 3.アンケート実施対象
    ・人口10万人以上の下水道事業実施自治体:●●●都市
  6. 3.アンケート概要
    Lev.1
    Lev.2
    Q1 2007年版技術マニュアルの活用状況に関するアンケート
    1 2007年版技術マニュアルの活用状況について教えてください。
    2 次世代型マンホール蓋の採用状況について教えてください。
    3 次世代型上部壁の採用状況について教えてください。
    Q2 マンホール蓋に求める性能に関するアンケート
    1 経年設置されたマンホール蓋に関して多く発生している不具合を教えてください。
    2 自然環境変化に伴いマンホール蓋に関する不具合を教えてください。
    3 耐久性を向上する必要がある性能について教えてください。
    4 腐食に起因して発生している不具合があれば教えてください。
    5 防食タイプのマンホールの採用状況について教えてください。
    Q3 マンホール蓋の改築計画業務に関するアンケート
    1 マンホール蓋の総設置数について教えてください。
    2 マンホール蓋の改築箇所数について教えてください。
    3 マンホール蓋の改築方法について教えてください。
    4 改築数が不十分であると認識されている場合、その課題について教えてください。
    Q4 マンホール蓋の開蓋を伴う業務に関するアンケート
    1 マンホール蓋を開蓋できない経験はありますか?
    2 開蓋できないマンホール蓋の割合について教えてください。
    3 マンホール蓋の開蓋が困難な箇所はどのような箇所ですか?
    Q5 マンホール蓋に関する設計業務に関するアンケート
    1 2020年版技術マニュアルの活用状況について教えてください。
    2 マンホール蓋の使い分けの実施状況について教えてください。
    3 マンホール蓋の使い分けには、どのような項目を整理しているか教えてください。
    Q6 新しいマンホールへの関心に関するアンケート
    1 LCCや業務負荷軽減につながるマンホール蓋への関心について教えてください。
    Q7 その他
    1 2012年版技術マニュアルの活用状況について教えてください。
  7. Q1:2007年版技術マニュアルの活用状況について
     2007年版技術マニュアルでは、車両保有台数の増加や集中豪雨の増加などマンホール蓋が設置される環境が過酷化する中で、マンホール蓋に求められる性能をJSWAS G4の性能に付加する形で規定しました。
    また、今後の維持管理を想定し、作業効率を高めるため、次世代型上部壁の構造についても規定しました。
     ここでは、2007年版技術マニュアルの活用状況等についてお尋ねします。
     
     【次世代型マンホール蓋】
     がたつき防止性と圧力解放性を両立した構造を有し、「耐スリップ性」「耐荷重性」「耐がたつき性」においては、車道部におけるマンホール蓋の標準耐用年数である15年を想定した限界性能を有するマンホール蓋。
  8.  【次世代型上部壁】
     今後の維持管理作業を想定し、入孔作業を容易とするΦ700の開口を有する次世代型斜壁、換気ダクトを挿入できる次世代型ツイン斜壁を規定。
  9. Q1-1:「次世代型マンホールふたおよび上部壁技術マニュアル」の活用状況について

    ここでは、2007年に発刊した「次世代型マンホールふたおよび上部壁技術マニュアル」の活用状況についてお尋ねします。
  10. Q1-1 「次世代型マンホールふたおよび上部壁技術マニュアル」を活用されていますか?


  11. Q1-2:次世代型マンホール蓋の採用状況について

    ここでは、「次世代型マンホールふたおよび上部壁技術マニュアル」(2007年版)マニュアルに記載されている「次世代型マンホール蓋」の採用状況についてお尋ねします。
  12. Q1-2-1 次世代型マンホール蓋を使用されたことはありますか?



  13. Q1-2-2 次世代型マンホール蓋を使用されたことのある自治体様にお尋ねします。どのような効果に期待されて使用されていますか?(複数回答可)







  14. Q1-2-3 次世代型マンホール蓋を使用されたことのない自治体様にお尋ねします。使用されない理由はどのようなことが挙げられますか?(複数回答可)



  15. Q1-3:次世代型上部壁の採用状況について

    ここでは、2007年版技術マニュアルに記載されている「次世代型上部壁」の採用状況についてお尋ねします。
  16. Q1-3-1 次世代型上部壁を使用されたことはありますか?



  17. Q1-3-2 次世代型上部壁を使用、または検討されたことのある自治体様にお尋ねします。どのような効果に期待されますか?(複数回答可)



  18. Q1-3-3 次世代型上部壁を使用、検討されたことのない自治体様にお尋ねします。理由はどのようなことが挙げられますか?(複数回答可)





  19. Q2:マンホール蓋に求める性能に関するアンケート
  20. Q2-1:マンホール蓋に関する不具合事象とマンホール蓋に要求する性能について

    ここでは、マンホール蓋に要求する性能について、過去に発生した不具合を踏まえてお尋ねします
  21. Q2-1-1 経年設置後のマンホール蓋に関して、多く発生している不具合を教えてください。 (複数回答可)








  22. Q2-1-2 Q2-1-1で回答いただいたマンホール蓋の不具合について、推測される発生要因はどのようなものが考えられますか。(複数回答可)





  23. Q2-1-3 現状よりも耐用年数を伸ばすにあたり、向上する必要がある性能について教えてください。(複数回答可)





  24. Q2-2:マンホール蓋の腐食対策について

    ここでは、マンホール蓋の腐食対策についてお尋ねします。
    防食タイプのマンホール蓋とは、下水道雰囲気に触れる部位に対して、防食表面処理を施したもの。
    尚、防食表面処理については、母材である鋳鉄に樹脂塗装等でコーティングし、腐食を抑制する方法や、 鋳鉄よりイオン化傾向が高い金属を表面に施し、犠牲防食効果により腐食を抑制する方法がある。
  25. Q2-2-1 防食タイプマンホール蓋の使用状況について教えてください。



  26. Q2-2-2 防食タイプマンホール蓋を計画的に使用されていない自治体の方にお尋ねします。計画的に使用されない理由を教えてください。(複数回答可)



  27. Q3:マンホール蓋の改築業務について

    マンホール蓋の改築においては、健全度や設置されている道路の重要度等を考慮して改築実施の優先度を検討する必要があります。ここでは、改築業務についてお尋ねします。
  28. Q3-2 2022年度の実績として、貴自治体におけるマンホール蓋(φ600サイズ)の改築数を教えてください。





  29. Q3-3 マンホール蓋改築の内訳として、下記方法から最も多い改築目的を教えてください。



  30. Q3-4 マンホール蓋の改築数を増加させるにあたっての課題について教えてください。(複数回答可)



  31. Q4:マンホール蓋の開蓋を伴う業務について

     マンホール蓋は下水道管路施設の入口であり、マンホール蓋を開ける頻度は高いを想定しています。
     ここでは、マンホール蓋の開蓋を伴う業務についてお尋ねします。
  32. Q4-2 開蓋できないマンホール蓋がどの程度あるか、教えてください。





  33. Q4-3 マンホール蓋の開閉が困難な箇所はどのような箇所ですか?(複数回答可)


  34. Q5:マンホール蓋の設計業務について
  35.  下水道用マンホール蓋に関するJIS規格:JIS A 5506や、2020年3月に当機構から発刊された「効率的なストックマネジメントの実践に向けた下水道用マンホールの設置基準等技術マニュアル」では、設置環境ごとのリスクを評価した上で、マンホール蓋タイプの使い分けについて記載されています。
     ここでは、マンホール蓋の設計業務に関してお尋ねします。
     
     【マンホール蓋の設置基準例:耐スリップ性(車道)】
     「効率的なストックマネジメントの実践に向けた下水道用マンホールの設置基準等技術マニュアル」では、リスク環境を考慮し、適切な性能を有したマンホール蓋を設置する環境を設定しています。

    効率的なストックマネジメントの実践に向けた下水道用マンホールの設置基準等技術マニュアル P36より抜粋
  36. Q5-1 効率的なストックマネジメントの実施に向けた下水道用マンホール蓋の設置基準等に関する技術マニュアルを活用されていますか?


  37. Q5-2 道路状況や管路状況に応じてマンホール蓋タイプの使い分けの実施状況を教えてください。
    (荷重仕様【T-25/14等】、及び転落防止装置の使い分けは除く)


  38. Q6:新しいマンホール蓋への関心について
  39. Q6:ライフサイクルコストや業務負荷軽減につながるマンホール蓋への関心について

     本研究では、より安全性能が高く、耐久性に優れるマンホール蓋の性能や機能について研究を行っています。
    ここでは、本研究の成果として、ライフサイクルコストや業務負荷軽減につながるマンホール蓋への関心についてお尋ねします。
  40. Q6 本研究の成果として、ライフサイクルコストや業務負荷軽減につながるマンホール蓋への関心にについてお尋ねします。


  41. Q7:その他
  42. Q7:「下水道用マンホールふたの計画的な維持管理と改築に関する技術マニュアル」の活用状況について

     2012年に当機構では「下水道用マンホールふたの計画的な維持管理と改築に関する技術マニュアル」を発刊していますが、ここでは、この技術マニュアルの活用状況についてお尋ねします。
     本技術マニュアルは、膨大なストック数を有するマンホール蓋の計画的な維持管理を行うべく、ストックマネジメントの考えに基づき整理を行ったもので、計画的且つ総合的な見地からマンホール蓋の維持管理における課題の整理と対策の立案手法について取りまとめを行ったものです。
  43. Q7 下水道用マンホールふたの計画的な維持管理と改築に関する技術マニュアルを活用されていますか?


  44. 最後に
  45. 以上で、質問は終わりです。ご協力ありがとうございました。
    ご回答していただいた方の所属団体名・所属部署名・役職名、お名前、電話番号、メールアドレスをご記入してください。
    ご回答内容について確認のご連絡を差し上げる場合があります。
  46. 必須
  47. 必須
  48. 必須
  49. 必須
  50. 有効なメールアドレス必須
  51. 提出前にご回答内容を再度確認の上、下の「送信」ボタンをクリックして回答してください。
    クリックを押した後は回答の修正や回答内容の確認方法がございませんので、ご回答内容を保存されたい場合は、「送信」をクリックする前に本画面を印刷してください。
  52. ■本アンケートは途中で保存することができません。事前に決裁が必要などの場合は本ページを印刷して処理してください。
  53. Q1-2-2へ
  54. Q1-2-3へ
  55. Q1-3-2へ
  56. Q1-3-3へ
  57. Q2-2-2へ
 

ページトップへ